Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
Mail
Now Accessing
Twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
Sponsored links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
NFLレギュラーシーズン終了

昨年9月から始まったNFLのレギュラーシーズンも終わり、プレイオフに出場する12チームとそのシード順位が決まりました。
スティーラーズがプレイオフ出場を逃してしまったことは残念でしたが、ファルコンズがNFCの第1シードを獲得したことで「今年こそ」という楽しみが出てきたことはファンとしては嬉しい限りです。

一方でAFCの第1シードを獲得したのがコルツから移籍したペイトン・マニング擁するブロンコスになったというのはちょっと意外でした。
昨シーズンは全くNFLでプレイしておらずしかも新しいチームメイトと戦っていかなければならないという環境ではペイトン・マニングの力を持ってしても難しいことだろうと思っていたんですけど、堂々第1シードの獲得ですからね。
テキサンズの失速という要素はあったにせよ、ブレイディ擁するペイトリオッツを抑えてのこの結果は流石という他ないですね。

他にもルーキーQBを擁するチームが3チームもプレイポフに出てくるとか見どころの多いプレイオフになりそうで楽しみです。

posted by: VanningStar | スポーツ | 00:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
レイブンズ、CBウェッブに続きLBルイスも今季絶望(NFL JAPAN.COM)

http://www.nfljapan.com/headlines/38707.html

この怪我は引き金になってルイスが引退っていうことになってしまうんですがねぇ・・・
どんな名プレイヤーにもいつかは身を引く時期が来るんですけど、ジェローム・ベティスのようにスーパーボウル制覇のタイミングで華々しく引退する人もいれば、ブレット・ファーブのように最後はサイドラインからゲームを見守って終わるという人もいて、そのタイミングというのは中々難しいものなんだなぁという気がします。

レイ・ルイスはどういう形で選手生活にピリオドを打つんですかね?

posted by: VanningStar | スポーツ | 10:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
ロスリスバーガー、パス獲得ヤードでチーム歴代トップに(NFL JAPAN.COM)

http://www.nfljapan.com/headlines/38579.html

これまでのチーム記録はテリー・ブラッドショーが持っていたそうですが、注目は記録達成までに要した試合数です。
ちなみにブラッドショーが286試合かけて作った記録をロスリスバーガーはその半分以下の119試合で達成しているとのこと。
これも現在のNFLがパッシングモアなオフェンスを採用している流れの現れということなんでしょうけど、今シーズンのゲームを見ているとランオフェンスが機能しないチームの勝ち星は伸び悩んでいるなぁという感じがあるのでまたちょっとバランスのとれたオフェンスシステムに戻りつつあるのかなという印象ですね。

posted by: VanningStar | スポーツ | 15:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
クッシングやはり今季絶望、ひざのじん帯断裂(NFL JAPAN.COM)

http://www.nfljapan.com/headlines/38476.html

開幕から5連勝と好調なヒューストン・テキサンズのディフェンスの中心選手であるLBクッシングが怪我でシーズンアウトとは・・・
楽しみなチームだっただけにちょっと残念です。

posted by: VanningStar | スポーツ | 15:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
NFL・WEEK2

WEEK1で素晴らしいパフォーマンスを見せたブロンコスのペイトン・マニングがマンデーナイトゲームに登場しアトランタ・ファルコンズと対戦しましたが、第1Qでマニングが3つのインターセプトを喫するという思いも寄らない展開でちょっとびっくりしました。

レシーバーとのタイミングが合ってないのか?
それともマニングの方がフィールドが見えていないのか?

いずれにせよ序盤のターンオーバーからの失点をひっくり返すことが出来ずにブロンコスが敗れるという結果に終わりましたが、ゲーム終盤にオフェンスの戦術を修正して6点差まで詰め寄ったところなどは「さすがペイトン・マニング」を思わせるものでした。
一方ファルコンズの方は、オフェンスラインのパスプロテクションはまずまずだったもののランブロックがイマイチでRBターナーが全く走ることが出来ず。
ファルコンズオフェンスがもう少しランプレーで前進することが出来たら、もっと楽に時間をコントロール出来たでしょうし終盤にブロンコスの追撃を食らうということもなかったでしょう。
そういう意味ではファルコンズオフェンスの方も修正しなければならない問題がまだあるのかなという印象です。


それにしても、今年のNFLは序盤から混戦模様ですね。

WEEK2終了時点で、開幕連勝スタートを切ったチームは、AFCではテキサンズとチャージャースの2チーム、NFCではイーグルス、ファルコンズ、カーディナルス、49ersの4チームと計6チームしかありません。
逆に開幕連敗スタートとなったチームも全部で6チームということでほとんどのチームが1勝1敗という状況です。
もちろんこの先どうなるかはわかりませんが、個人的にはこのままファルコンズに突っ走ってもらいたいなぁと思うんですけどさてどうなることやら(笑)

posted by: VanningStar | スポーツ | 15:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
NFL2012シーズン開幕

やっぱペイトン・マニングはすげぇ!!!


今年もまたNFLのレギュラーシーズンが開幕しました。
開幕戦のダラス・カウボーイズVSニューヨーク・ジャイアンツのゲームは凡庸な内容の試合でしたけど、WEEK1のサンデーナイトゲームだったピッツバーグ・スティーラーズVSデンバー・ブロンコスの試合は見応えがありましたね。
中でも凄かったのはインディアナポリス・コルツからブロンコスへと移籍したペイトン・マニングのプレーでした。

昨シーズンは怪我で全く試合に出場しなかったペイトン・マニングが久しぶりの実戦でどんなパフォーマンスを見せるのか?
ブロンコスのオフェンスシステムとペイトン・マニングの適合度はどんな具合なのか?

アメリカンフットボールというスポーツはスーパーアスリート達が高度に組織化されたシステムの中で個々の役割を発揮しなければ成り立たないという中で、長期休養明けのプレイヤーが新しいシステムにフィットしていかなくてはならずこの難題にペイトン・マニングがどのように対応していくのかが注目点だったんですがその点では全く問題なし。
というか、手が付けられない位コルツが強かった頃のペイトン・マニングを再び見たという感じでしたね。
もちろん、ブロンコスのオフェンスラインが一生懸命パスプロテクションをしたり、ディフェンスもスティーラーズオフェンスをしっかり止めていてチームとしての仕上がりが良かったというのもありますけどそれ以上にペイトン・マニングの調子の良さと彼の持つ能力の高さを見せ付けたという印象の試合でした。

個人的にはスティーラーズを応援しているので試合そのものは残念な結果でしたけど、ペイトン・マニングの復活を印象付ける良い試合でしたし、この先のブロンコスに大きな期待を持たせる内容だったのではないでしょうか。

posted by: VanningStar | スポーツ | 12:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
ちょっと調べてみた

<過去にスーパーボウルを勝ったことがあるチーム>

グリーンベイ・パッカーズ
ニューヨーク・ジェッツ
カンザスシティー・チーフス
インディアナポリス・コルツ
ダラス・カウボーイズ
マイアミ・ドルフィンズ
ピッツバーグ・スティーラーズ
オークランド・レイダース
サンフランシスコ・49ers
ワシントン・レッドスキンズ
シカゴ・ベアーズ
ニューヨーク・ジャイアンツ
デンバー・ブロンコス
セントルイス・ラムズ
ボルティモア・レイブンズ
ニューイングランド・ペイトリオッツ
タンパベイ・バッカニアーズ
ニューオリンズ・セインツ

以上、18チーム。
ということで、現在のNFL参加チームの総数32チームの半分以上のチームがスーパーボウルを制したことがあるという個人的にはちょっと意外な結果でした。
感覚的には総チーム数の半分以下かなぁと思っていたのでそういう部分では結構多いなぁという感じですね。

<過去にスーパーボウルに出場したことはあるが勝ったことはないチーム>

ミネソタ・バイキングス
フィラデルフィア・イーグルス
シンシナティ・ベンガルズ
バッファロー・ビルズ
サンディエゴ・チャージャーズ
アトランタ・ファルコンズ
テネシー・タイタンズ
カロライナ・パンサーズ
シアトル・シーホークス
アリゾナ・カーディナルス

以上、10チーム
ということで、少なくとも過去に1回以上スーパーボウルに出場したことがあるチームは勝ったことがあるチームの数と合わせて28チームとなり、現在NFLに参加しているチームのほとんどが過去にスーパーボウルへ出たことがあるという結果でした。

では、未だにスーパーボウル出場経験のないチームはというと・・・

デトロイト・ライオンズ
ジャクソンビル・ジャガーズ
クリーブランド・ブラウンズ
ニューストン・テキサンズ

の4チームだけでした。
この中でライオンズ以外の3チームはエキスパンションで新たに創設されたチームなので、そう考えるとチームの歴史が浅いところは中々プレイオフを勝ち上がって行くのが難しいんだなと感じますね。

posted by: VanningStar | スポーツ | 11:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
NFL ディビジョナルプレイオフ

○ ニューイングランド・ペイトリオッツ VS デンバー・ブロンコス

内容的にはペイトリオッツが完勝でしたね。
ペイトリオッツディフェンスがブロンコスのランオフェンスを完全に封じ込めてしまったことでティーボゥの良いところが全く見られませんでしたから。
試合の最中にどうやって状況を打開するのかという修正をしていくことが、まだティーボゥには難しいことなのかなぁと感じるこの試合でしたね。

○ ボルティモア・レイブンズ VS ヒューストン・テキサンズ

「テキサンズ、勿体無かったなぁ」というのがこの試合の印象でした。
というかテキサンズオフェンスがミスをしてレイブンズに勝利をプレゼントしちゃったなぁという感じでした。
テキサンズディフェンスがレイブンズオフェンスを抑え込んでいただけに、テキサンズ側からすると残念な結果だったなぁと思いましたね。

○ サンフランシスコ・49ers VS ニューオリンズ・セインツ

いやぁ、凄い試合でしたねぇ・・・・・
結果的に点の取り合いとなった試合でしたけど、両チームのディフェンスが悪くてそうなったという訳ではなく「凄いディフェンスの上を行くもっと凄いオフェンス」をいう感じのプレイが随所に見られて久々に興奮させられましたから。
こういう試合があるからNFLは面白いんですよね。

○ グリーンベイ・パッカーズ VS ニューヨーク・ジャイアンツ

まさかパッカーズが負けるとは・・・
レギュラーシーズンから好調で順当にNFCの第1シードを獲得しスーパーボウル連覇に向けて視界良好に見えたパッカーズでしたけど、一発勝負のプレイオフでは思わぬ敗戦を喫することがあるという典型的なパターンに嵌ってしまったのかもしれません。
パッカーズオフェンスの不調が残念な試合でしたね。


過去にスーパーボウルを勝ったことがある4チームがカンファレンスチャンピオンシップに残ったというのは珍しいなという感じですけど、それ以上にもしレイブンズと49ersがスーパーボウルに出場したらHCの兄弟対決というのが見られるかもしれないというところもあり次も目が離せませんね。

posted by: VanningStar | スポーツ | 21:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
NFL ワイルドカードプレイオフ

NFLのレギュラーシーズンが終了して先週からプレイオフが始まってます。

が・・・

残念ながら自分が応援しているアトランタ・ファルコンズとピッツバーグ。スティーラーズは負けてしまいまいした・・・・・
特に、毎年「今年こそは」と願っているファルコンズが負けてしまったことには大きな失望でしたけど、これも負けたら終わりのプレイオフでは仕方ないことです。

一方で、ヒューストン・テキサンズとデンバー・ブロンコスがベンガルズとスティーラーズを破ってディビジョナルプレイオフへと進出したのは中々に楽しみな状況でもあります。
特に、スティーラーズを撃破してデビジョナルプレイオフへと駒を進めたブロンコスのQBティーボゥが次のペイトリオッツ戦でどんなパフォーマンスを見せるのかというところは注目かなというところです。
(レギュラーシーズンでの対戦ではペイトリオッツが完勝でしたがプレイオフではまた違った状況になるでしょうし)

テキサンズが難敵レイブンズを相手にしてどういった試合をするのかも注目ですし、NFCではスーパーボウル連覇を目指すグリーンベイ・パッカーズと古豪復活サンフランシスコ・49ersが登場する試合もあって次のディビジョナルプレイオフも楽しみです。

posted by: VanningStar | スポーツ | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
NFL・WEEK2

取り敢えず2試合観ました。


○ アトランタ・ファルコンズ VS フィラデルフィア・イーグルス

開幕戦でベアーズに敗れて黒星スタートとなったファルコンズが勝って良かったと思う一方で、個人的に好きなプレイヤーでもあるマイケル・ヴィックが怪我で途中退場してしまったことが残念に感じた試合でした。
ヴィックの方は今週のチーム練習にも参加していてWEEK3のジャイアンツ戦には出場しそうな雰囲気ですけど、ファルコンズのオフェンスは全体的に歯車が上手く噛み合っていないような印象でしたのでちょっと心配です。

ファルコンズには「今年こそスーパーボウル制覇を!」と期待しているんですけどね(笑)


○ ニューヨーク・ジャイアンツ VS セントルイス・ラムズ

結果的にジャイアンツが勝ったという試合でしたけど、ラムズのミスに乗じて勝ったという感じの内容でした。

しかし、負けましたがラムズのQBサム・ブラッドフォードのプレイは彼の能力の非凡さを感じさせるところがあって今後が楽しみだなという感じもしました。
開幕2連敗のラムズですが、充分に巻き返しが出来るのではという感じです。


○ ペイトン・マニング不在のコルツ

やっぱりというか何というか、開幕2連敗を喫してしまったインディアナポリス・コルツ。
こちらのゲームは見ていないので詳しい状況はわかりませんが、このままペイトン・マニング不在の状態が続くとなるとラムズと違ってこちらは厳しいなぁという感じです。
折角コルツのホームスタジアムで今年のスーパーボウルは開催されるというのに、これではスーパーボウル出場は夢のまた夢という状況になりそうですね。

posted by: VanningStar | スポーツ | 14:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
なかのひと