Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Mail
Now Accessing
Twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
Sponsored links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
「薬師寺涼子の怪奇事件簿」夏のスペシャルイベント
日曜日は新宿で行われた「薬師寺涼子の怪奇事件簿」のイベントに行って来ました。


開演前の影ナレがいきなりほーちゃんの声でちょっとびっくりしたんですが(笑)その後なばも加わって涼子と由紀子が掛け合いをするという感じで諸注意が行われイベントが開始。

まず最初にキングの大月さん、垣野内成美さん、田中芳樹さんに講談社の編集担当者と田中先生の事務所の方がステージに登場し、「薬師寺涼子の怪奇事件簿」のアニメ化に至るいきさつなどが話題になりました。
元々大月さんが「薬師寺涼子の怪奇事件簿」のファンで、3年ほど前からアニメ化の企画を暖めて来たことや、小説の挿絵が垣野内さんに対する田中先生の熱烈なラブコールで実現したことなど。
結構原作のことも含めた色んな話題が出ていました。

その後キャストを呼び込むという形で生天目仁美さんと桑島法子さんがステージに登場。
ここからはアフレコに関する話題が中心のトークとなったんですが、今回お2人とも「27歳」という年齢の女性を演じるということで自分の年齢に近い役を演じられるという部分で結構楽しくアフレコをしているという話をしていました。
あと面白かったのは、携帯からの投稿でも書きましたがなばがほーちゃんのことを「法さん」と呼んでいたこととそれを居心地悪そうに聞いていたほーちゃんの姿でしたね。
実年齢の話になって、なばがほーちゃんの1歳年下だということからほーちゃんとは呼び難いということになり「法さん」になったようですが、ここでこういった話題が出るということが今までいかに2人に接点がなかったかということを示してるのかなぁとちょっと思ったりしましたね。
他には演じているキャラクターのことなどについても色んな話が出ていましたが、ほーちゃん演じる由紀子に関してはまだあまり活躍する場面がないのでもう少し出番があればなぁという話をしていたことや、なばが演じる涼子に関しては基本的に上から目線で話をするように心掛けているなんていう話も出ていました。

そんなアニメ全般に関するトークが一旦終了となり、ここでステージは大月さんを残して全員が一旦退場。
続いて劇伴の作曲者である倖山リオさんにangelaのKatsuさんとAtsukoさんが登場して続いて音楽関係の話題へとなりました。
ちなみに今回Katsuさんがサウンドプロデュースという肩書きでこの作品に関わった経緯は、倖山さんのサポートをして手伝ってもらえないかというオファーが大月さんからあったからだそうで、Katsuさんと倖山さんが初めて会った時には既にオープニング曲は出来上がっていたという話が出ていました。
それと今回Atsukoさんがイベントに出演していた理由は(これも携帯からの投稿で書きましたが)アニメのオープニング曲にAtsukoさんが詩を付けたバージョンが最終話のエンディングに流れることになったからだそうで、その歌は9月に発売される3枚目のサントラに収録されるそうです。
この音楽関係のトークパートでは、大月さんが「レコード会社が製作に関わっているのに主題歌のCDを出さないなんて前代未聞だよ」とか、Atsukoさんが書いた詩に大月さんはOKを出したのに倖山さんがNGを出したなどといった結構面白い話が出ていましたね。

で、ここで音楽関係のトークは終了して、またまた大月さんを残して倖山さん達はステージから退場し改めて垣野内さんや田中先生、なばやほーちゃんがステージに登場。
続いては垣野内さんと田中先生の仕事場訪問というスライドショーが行われました。
こちらのパートでは、カラー原稿を描く時に絵の具を極力混ぜないようにして塗っているという垣野内さんの話に、自分が絵を描いていた頃も同じようなことをしていて同系色の絵の具をいっぱい買ったなぁということを思い出したり、田中先生の仕事場に垣野内さんの複製版画が沢山掲げられていて本当に垣野内さんの描く絵が好きなんだなぁと思ったりしました。
その後、イベントには出演しなかった他のキャストからのビデオメッセージが上映されて、泉田準一郎役の木内秀信さんがアフレコの本番前になばが自分の胸を掴む仕草をするなんていうことを暴露したりこちらも中々面白い映像が流れていました。
しかし、このビデオメッセージを見て改めてこの「薬師寺涼子の怪奇事件簿」のキャスティングってスタチャらしくないなぁということも思いましたね。
何しろ木内さんに福圓美里さん、野島健児さんにかわのをとやさん、大黒和弘さんという顔ぶれでしたから。

そんなトークパートが終了して最期に第5話の上映があってイベントが終了となった訳ですが、イベントの印象としては制作サイドがかなり気合を入れて作っているんだなぁということが感じられたのと、これは1クールでは終わらずに次があるなという感じがしたことですね。
もちろん、最期の挨拶でほーちゃんやなばの口からもそういった話が出ていましたけど、それもあながち難しい話ではないのかなぁという印象です。

まぁ、アニメオタク的には面白い話が沢山聞けて楽しいイベントでしたね。
posted by: VanningStar | イベント | 13:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 13:53 | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://vanningstar.jugem.cc/trackback/2853
トラックバック
なかのひと